2022年12月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
※休館日はカレンダーが赤になります。
  休館日は内容を保証するものではありません。
イベント一覧表示
■シンボル展「山梨県指定文化財 木造源頼朝坐像」
■企画展「山梨と新聞 ―知識を広むるは新聞を求むるに在り―」
■企画展「たんけん!はっけん!南極展-壮大な自然と人々の物語-」
■シンボル展「国指定重要無形民俗文化財 天津司舞 900年の想いとともに」
■企画展「伝える-災害の記憶 あいおいニッセイ同和損保所蔵災害資料」
収蔵品一覧表示
■堀田本 七十一番職人歌合
■甲州道中図屏風
■初代歌川広重筆「甲府道祖神祭幕絵 東都名所 目黒不動之瀧」
記事一覧表示
■博物館再開のお知らせ
■臨時休館のお知らせ
■シンボル展「『木喰上人作 木彫佛』-身延の木喰さん、世に出るその最初‐」開催中
■秋期企画展 文字が語る古代甲斐国
■ 夏休み自由研究プロジェクト 7/18(月・祝) 合同プレゼン
ランキング
1.山梨県立博物館
2.生きたクニマス稚魚の展示
3.クニマス展来場1万人を突破しました!
4.企画展「クニマスは生きていた-山梨おさかな発見物語-」
5.週末仕掛人ヤマナシプロデュースでクニマス展が紹介されました!

山梨県立博物館

「山梨の自然と人」行ってみるじゃん! 県立博物館(かいじあむ)へようこそ

登録日:2022/10/13 17:28:36

企画展「山梨と新聞 ―知識を広むるは新聞を求むるに在り―」

カテゴリ 歴史   文化  
開催場所 山梨県立博物館
開催期間 2022年10月15日 09時00分〜2022年12月05日 17時00分
参加費用 一般:500(400)円、大学生:250(200円) ※高校生以下、山梨県内在住の65歳以上の方、障害者の方(およびその介護をされる方)は無料。 ※(  )内は20名以上の団体、山梨県内のホテルや旅館に当日か前日に宿泊する方を対象とした割引料金です。

企画展「山梨と新聞 ―知識を広むるは新聞を求むるに在り―」

 幕末から明治にかけての激動の時代、人々は日々刻々と変わる政治や社会に関する知識を求め、各地でその媒体としての新聞が次々に発行されるようになりました。山梨で明治5年(1872)7月に発行された「峡中新聞」(現 山梨日日新聞)は、その後の150年間、名前を変えながらも山梨の人々に様々な情報を提供し続け、現在に至る迄継続発行されている最古の地方紙として知られています。
 新聞の果たす役割は、政治や社会の情報をもたらすだけではありませんでした。経済、文化、スポーツなど、地域の人々の暮らしに関わるあらゆる情報を伝え、その発展や創造に大きく貢献してきたのです。
 「峡中新聞」創刊から150周年となる今年、山梨という地域からみえるメディアの歩みを通して“県民の歴史”をご紹介いたします。

開催場所地図
コメントを投稿するには会員登録が必要です。
会員登録がお済みのお方はログインをしてからコメントを投稿してください。
  • コメントはありません。