2017年09月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
※休館日はカレンダーが赤になります。
  休館日は内容を保証するものではありません。
イベント一覧表示
■初釜
■春夏秋冬:一竹辻が花に観る四季の彩り
■一竹の春~琵琶楽の調べ
収蔵品一覧表示
■流れ亀甲
■縕(おん)
■猩々桃(しょうじょうとう)
記事一覧表示
登録はありません。
ランキング
1.久保田一竹美術館

久保田一竹美術館

訪れる人々が潤いと安らぎを享受できる幽玄の世界

登録日:2012/12/18 17:38:55

春夏秋冬:一竹辻が花に観る四季の彩り

カテゴリ 芸術  
開催場所 久保田一竹美術館
開催期間 2012年12月29日 10時00分〜2013年12月24日 16時30分
参加費用 入館料

日本は他国に類を見ないくらい「四季」の美しさを感じることの出来る国であると同時に四季の節目を大切にし、各地で四季折々の行事や祭事を古来より行って参りました。日本人の四季に対する思い入れは一際強いものが感じられます。一竹もまた例に漏れず日本の四季、自然がつくりだす様々な情景に強い感動を得ていました。「感動こそが作品制作の源である」(自叙伝『命を染めし一竹辻が花』より)。一竹は自然を畏れ、愛し、自然をテーマにした作品を数多く制作しています。
この度は、富士の国やまなし国文祭の季節のステージ併せ、数ある一竹辻が花作品の中から、百花草木をモチーフに制作された、季節感あふれる作品群を【春夏秋冬】各季節に合わせて展示いたします。

【冬】平成24年12月29日(火)~平成25年3月26日(火)
【春】平成25年3月28日(木)~6月25日(火)
【夏】平成25年6月26日(水)~9月24日(火)
【秋】平成25年9月25日(水)~12月24日(火)

開催場所地図
コメントを投稿するには会員登録が必要です。
会員登録がお済みのお方はログインをしてからコメントを投稿してください。
  • コメントはありません。