身延山宝物館

住所 409-2593 身延町身延3567 久遠寺内
電話・FAX 0556621011  /  0556621094
ホームページ http://www.kuonji.jp
電子メール
メインカテゴリ 歴史
開館時間 開館時間:9:00~16:00
休館日 休館日:木曜(祝日の場合はその翌日)
4月・8月は休館日なし
入館料 一般300円(200円)
大・高200円(100円)
中・小100円(50円)
()は20名以上の団体料金
アクセス 電車でお越しの方:JR身延駅下車→身延山行きバス10分→徒歩15分
※新宿駅から身延山への直通バスも出ています

お車でお越しの方:中央道甲府南IC(もしくは甲府昭和)→鰍沢→国道52号
※中央道をご利用の方は中部横断自動車道の増穂ICもご利用できます。

東名高速 富士IC→県道396→県道10→国道52
東名高速 清水IC→興津→国道52
※東名高速をご利用の方は富士川SAスマートIC(ETC専用)もご利用できます。ただし、関西方面よりお越しの方は出口のみとなっていますのでお気をつけ下さい。
施設紹介

         

    大正15年の宝物館      現在の本堂 宝物館は地下にあります

 大正15年に境内の一角に建てられたのがはじまりで、その後、久遠寺本堂が建立されるとその地下に移され、昭和58年4月1日より新施設としてオープンしています。
  身延山久遠寺は、鎌倉時代に日蓮聖人が身延へ入山して以来、日蓮宗の根本道場として発展してきました。各時代において皇族・貴族・武士との繋がりも強く、後円融・後水尾・霊元天皇などの宸翰や、武田信玄、徳川家康などの祈願状・書状・絵画などが多数所蔵されています。
  また、宋の楊補之、南宋の馬遠、元の顔輝、清の沈南頻、相阿弥、狩野元信・探幽、円山応挙・応瑞などの絵画や、本阿弥光悦の書などの逸品も所蔵されています。

■展示物の一例(随時展示替え):日蓮聖人曼荼羅御本尊・御遺文/国宝・重文・指定文化財(国宝「絹本著色夏景山水図」、 重文「宋版礼記正義」、重文「本朝文粋」、重文「仏伝図」、県文「弘決外典抄」、県文「刺繍十六羅漢図」、県文「明版法華経」、県文「大明之銅鐘」など))/宗門先師曼荼御羅本尊・著書・所持品など

GoogleMAP