イベントをリストから探す

[1] [2]

【山梨県立文学館】 特設展「歿後50年 山本周五郎展」

【イベント期間】:2017年04月29日 09時00分〜2017年06月18日 17時00分
【参加費用】:◇観 覧 料 ☆常設展観覧料でご覧いただけます。 一般320(250)円、大学生210(170)円 ※( )内は20名以上の団体、県内宿泊者割引に適用 ※高校生以下の児童・生徒は無料  ※65歳以上の方(健康保険証等持参)は無料、障害者手帳をご持参の方はご本人と介護の方1名が無料
【開催場所】:山梨県立文学館 展示室C

山梨県大月市出身の小説家・山本周五郎の63年の生涯と作品の魅力を紹介します。 ◇会期 平成29年4月29日(土・祝)~6月18日(日) 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで) ◇休館日 月曜日(5月1日は開館) ...
【詳細ページ】
 

【中富現代工芸美術館】 『加賀百萬石芸術の古都金沢が育む 日本画秀作展』

【イベント期間】:2017年04月28日 09時30分〜2017年07月02日 16時30分
【参加費用】:【入館料】一般500円(450円)、高大生300円(270円)、小中生100円(90円) ※( )内は20名以上の団体料金
【開催場所】:身延町なかとみ現代工芸美術館

日本画 金沢  本展覧会は、芸術王国・金沢の日本画に焦点を当て、日展出品作家を中心とした金沢在住の作家11名の日本画作品を皆様にご紹介するものです。  日本画とは、日本の伝統絵画の総称です。かつては単純に「浮世絵」「大和絵」「漢画」など、日本で元々描かれていた絵画を西洋絵画と区別するために用いられていました。しかし、明治期に流入した西洋絵画の影響を受け、時代を吸収しながら発展してきた現代の日本画は、決してその枠に収まるものではありません。絵画における技法や題材、美的感覚は時代ととともに変化するものです。花鳥画、漢画、美人画などが主流であった日本画の画題は、現代では都市風景や心象風景など多様であり、伝統の枠にはまらない自由な表現が広がっています。  和紙、絹布、墨、岩絵具などを...
【詳細ページ】
 

【やまなし伝統工芸館】 甲州印伝型紙展 -伝統を支える伊勢型紙の美-

【イベント期間】:2017年04月24日 09時00分〜2017年06月30日 17時00分
【参加費用】:入館料のみ。
【開催場所】:やまなし伝統工芸館

企画展 『甲州印伝型紙展』 -伝統を支える伊勢型紙の美- 協力:池田商店、印傳の山本、中里印伝製造所   伊勢型紙は染色に利用される伝統的工芸用具で、甲州印伝では漆付けの際に利用されています。 伊勢型紙は1983年に経済産業大臣指定の伝統的工芸品に指定されました。 本展では甲州印伝の模様付けに利用された伊勢型紙などを展示し、精巧な彫刻や補強の独自技術をご覧になることができます。     会期:2017年4月24日~6月30日 料金:入館料のみでご覧いただけます ...
【詳細ページ】
 

【山梨県立考古博物館】 春季企画展「甲府城下町の賑わい」

【イベント期間】:2017年04月22日 09時00分〜2017年06月11日 17時00分
【参加費用】:観覧無料。(ただし常設展を見学の場合は別途210円が必要です。)
【開催場所】:山梨県立考古博物館 企画展示室

 県立考古博物館では平成29年度冬季企画展「甲府城下町の賑わい」を開催いたします。 甲府城下町遺跡は、甲府城を中心とした武家屋敷などを含む遺跡です。これまで甲府城跡を含む70か所以上の地点で発掘調査が行われ、絵図などの調査と併せて、当時の繁栄の様子が明らかにされつつあります。また、近年では甲府市街地活性策の一環として、甲府城の天守閣再建や城下町の街並み復元などが議論されており、その中で甲府城下町遺跡も特に注目されています。 今回の企画展では、近年までの発掘調査・研究の成果から甲府城下町の移り変わりを見渡し、近世甲府の歴史に迫ります。 ご案内   会期:平成29年4月22日(土曜日)~6月11日(日曜日) 休館日:毎週月曜日 ただし、5月1日(月曜...
【詳細ページ】
 

【山梨県立美術館】 特別展「バロックの巨匠たち ルーベンス、レンブラント、ベラスケスと栄光の時代」

【イベント期間】:2017年04月15日 09時00分〜2017年06月11日 17時00分
【参加費用】:◇観覧料 一般1000(840)円、大学生500(420)円※( )内は20名以上の団体、県内宿泊者割引に適用※高校生以下の児童・生徒は無料※県内在住65歳以上の方(健康保険証等持参)は無料※障害者手帳をご持参の方はご本人と介護の方1名が無料
【開催場所】: 山梨県立美術館 特別展示室

レンブラント、ルーベンス、ベラスケスといったバロックを代表する画家たちの作品44点を紹介。 休館日:月曜日(5月1日は開館) ...
【詳細ページ】
 

【山梨県立科学館】 プラネタリウム「エンケラドス人探しどす」

【イベント期間】:2017年03月18日 11時45分〜2017年07月09日 15時30分
【参加費用】:大人310円 3歳以上~高校生120円(入館料別途)
【開催場所】:スペースシアター

政府の密命を受けて旅立ったペイントフォーの四人。行先は、生命が存在する可能性がある土星の衛星「エンケラドス」。そこには迫力の冒険と意外な展開が…国立天文台の渡部潤一副台長も出演! 【上映時間】  平日:14:45~15:30 土・日・祝日・春休み・GW期間:11:45~12:30、14:45~15:30   ...
【詳細ページ】
 

【山梨県立科学館】 キッズ・プラネタリウム「地球はぐるぐるメリーゴーランド」

【イベント期間】:2017年03月18日 10時30分〜2017年07月09日 11時15分
【参加費用】:観覧料:3歳~高校生120円・大人310円(入館料別途)
【開催場所】:スペースシアター

【番組紹介】 子どもが眠りについた夜、おもちゃ達が動き出す!かわいい星空パーティーの始まりです。大きいキラキラな瞳が特長の人気イラストレーター、せきやゆりえさんがキャラクターデザインを担当。キッズが安心!暗くならないプラネタリウム番組です。 投影時間は土・日・祝日と春休み・GW期間の10:30~11:15です。 詳しくは、お問い合わせください。 ...
【詳細ページ】
 

【山梨県立科学館】 プラネタリウム 星空散歩~季節の星座と南半球の星空~

【イベント期間】:2017年03月18日 00時00分〜2017年07月09日 00時00分
【参加費用】:観覧料:3歳~高校生120円・大人310円(入館料別途)
【開催場所】:スペースシアター

今回のテーマは、「南半球の星空」。南十字星やマゼラン雲から、美しい天の川や南天星座の神話まで、はるか南国の夜空の見どころを巡ります。普段見られない南半球の星座を満喫しましょう。 毎日16:00~16:45に投影を行います。 イベントなどで投影がお休みになる場合もございます。   ...
【詳細ページ】
 
[1] [2]
Ads by Google
平山郁夫シルクロード美術館
おすすめサイト