イベントをリストから探す

[1]

【山梨県立美術館】 特別展 黄昏の絵画たち 近代絵画に描かれた夕日・夕景

【イベント期間】:2019年06月22日 09時00分〜2019年08月25日 17時00分
【参加費用】:一般1000(840)円、大学生500(420)円 ※( )内は20名以上の団体、県内宿泊者割引に適用 ※高校生以下の児童・生徒は無料 ※県内在住65歳以上の方(健康保険証等持参)は無料 ※障害者手帳をご持参の方、およびその介護をされる方は無料
【開催場所】:山梨県立美術館

本展では、多くの画家たちの心を捉え続けてきた「夕日・夕景」に着目し、西洋と日本の画家たちの作品を取り上げて紹介する。17世紀の西洋絵画から、日本の浮世絵まで、幅広い作品を一度に楽しめる。 ...
【詳細ページ】
 

【生物多様性センター】 企画展示「ちがいを発見してみ展」

【イベント期間】:2019年04月27日 09時00分〜2019年07月21日 17時00分
【参加費用】:無料
【開催場所】:環境省 生物多様性センター

 性別や年齢、季節、地域によって、体の色や模様などに違いがあることが知られている生き物たちを、パネルやクイズで分かりやすくご紹介します。  絶滅危惧種であり国の天然記念物であるライチョウやタンチョウのヒナも今回が初めての展示となります。ぜひご来館ください!   「ちがいを発見してみ展」開催のお知らせ http://www.biodic.go.jp/event/2019/kikaku_chigai.pdf ...
【詳細ページ】
 

【中富現代工芸美術館】 日本の名峰を撮る 白簱史朗山岳写真展

【イベント期間】:2019年04月26日 09時30分〜2019年09月01日 17時00分
【参加費用】:大人 500円(450円) 大・高校生 300円(270円) 小・中学生 100円(90円) ※(  )は20名以上の団体料金
【開催場所】:身延町なかとみ現代工芸美術館

国内外で非常に高い人気を誇る白簱史朗の、富士山と南アルプスの写真を紹介します! 会期中、一部作品の展示入替をおこないます。(前期:4月26日~7月1日 後期:7月3日~9月1日) ...
【詳細ページ】
 

【印傳博物館】 印傳の型紙ー極小文の世界ー

【イベント期間】:2019年04月20日 10時00分〜2019年09月29日 17時00分
【参加費用】:入館料 大人200円 小・中学生100円
【開催場所】:印傳博物館

甲州印傳は「燻」「漆付け」「更紗」の技法によって様々な色や模様が施されています。それぞれの技法の中で型紙は印傳の模様付けに欠かすことの出来ない道具であり、古くから使用されてきました。印傳の型紙は「伊勢型紙」で知られる三重県鈴鹿市白子町に特別注文しています。着物の型紙と比べ、やや大き目となっています。  型紙はまず型地紙作りから始まり、繊維の多い美濃和紙を柿渋で固めて作ります。彫りの種類は「突彫り」「錐彫り」「道具彫り」「縞彫り」の四種があり、単独の彫り方もあれば一枚の型紙にいくつかの彫りを組み合わせて出来たものもあります。彫刻に用いる道具も職人が製作し、模様によっては数十種類必要となります。型紙を彫る作業は根気を要し、高度で繊細な手仕事といえます。  甲州印傳における型紙の使用は江戸時代...
【詳細ページ】
 
[1]
Ads by Google
オルゴール館 ホール・オブ・ホールズ
おすすめサイト