イベントをリストから探す

[1]

【身延山宝物館】 写真展「身延の四季」

【イベント期間】:2018年12月10日 09時00分〜2019年02月10日 16時00分
【参加費用】:無料
【開催場所】:身延山宝物館

写真展「身延の四季」開催中! 地元有志の写真家グループ「老桜爛漫会」による写真展を行っています。 身延山久遠寺境内だけでなく、 ・寺平の桜並木 ・夏の修行僧 ・御廟所の紅葉 等 身延の四季をご覧いただけます。 身延山久遠寺本堂地階宝物館ロビーにて開催中! 参拝の折には是非お立ち寄りください。 ※宝物館ロビーは拝観無料です。 ...
【詳細ページ】
 

【印傳博物館】 印傳の装飾―名入れ・紋章・屋号―

【イベント期間】:2018年12月08日 10時00分〜2019年04月07日 17時00分
【参加費用】:入館料 大人200円 小中学生100円
【開催場所】:印傳博物館

鹿革は軽くて柔らかく丈夫であると共に、模様付けなどの装飾がし易いという特徴があり、染めや燻、漆付けなどの技法を駆使して様々な意匠が施されています。今回は名入れ・紋章・屋号のある資料を特集展示しています。 印傳は生活に必要な身近な工芸品であり、一つ一つが手作りな為、顧客の要望に応える誂えを行ってきました。形から顧客の好みの品を作る方法と名や紋を加える方法があり、どちらも独自性や希少価値を楽しむ気持ちが反映されています。 名入れは個の主張でありますが、紋章と屋号は所属の団体を表す公的な標といった性格があります。特に紋章は家紋や格式の象徴とされ、様々な種類が作られるようになり、優れた標章として多様な工芸品にも用いられました。 名入れ・紋章・屋号が入る代表例として革羽織が挙げられます。燻べた鹿革の背...
【詳細ページ】
 

【山梨県立美術館】 シャルル=フランソワ・ドービニー展 バルビゾン派から印象派への架け橋

【イベント期間】:2018年10月20日 09時00分〜2018年12月16日 17時00分
【参加費用】:◇場 所 山梨県立美術館 特別展示室 ◇観覧料 一般1000(840)円、大学生500(420)円 ※( )内は20名以上の団体、県内宿泊者割引に適用 ※高校生以下の児童・生徒は無料 ※県内在住65歳以上の方(健康保険証等持参)は無料 ※障害者手帳をご持参の方、およびその介護をされる方は無料 ※11月20日(火)の県民の日は無料
【開催場所】:山梨県立美術館

アトリエ舟「ボタン号」で旅をしながら、変化する自然の表情を見つめ、ありありと描き出すことで、印象派の源流となったドービニー。本展は、モネ、そしてゴッホに敬愛されたその画業に迫る国内初の回顧展。 ...
【詳細ページ】
 

【釈迦堂遺跡博物館】 1116ー釈迦堂の1,116点の土偶たちー

【イベント期間】:2018年10月06日 09時00分〜2018年12月24日 17時00分
【参加費用】:入館料大人200円、小人100円 団体、JAF割引有
【開催場所】:釈迦堂遺跡博物館

釈迦堂遺跡は全国有数の土偶の出土数を誇ります。総数は1,116点で、一括して国の重要文化財に指定されています。 本展示では、釈迦堂遺跡から出土した土偶1,116点すべてを展示しています。すべての土偶を見ることができる貴重な機会ですので、是非ご来館ください。 ...
【詳細ページ】
 

【山梨近代人物館】 第8回展示 「甲州財閥 近代日本を駆け抜けた人々」

【イベント期間】:2018年10月01日 09時00分〜2019年03月28日 17時00分
【参加費用】:無料
【開催場所】:山梨県庁舎別館2階

明治から昭和にかけて、「甲州財閥」と呼ばれる経済人たちがいた。彼らは鉄道や電力など、急速に産業革命を進めるわが国のこ骨格や動脈となる事業へ積極的に参加していった。「甲州財閥」が示した高い先見性は、時代がも求めるものをいち早く見抜いて実現し、その遺産は現在の私たちの暮らしにとって、なくてはならないものとなっている。 ...
【詳細ページ】
 

【平山郁夫シルクロード】 中国工芸の精華と平山郁夫シルクロード紀行-中国編

【イベント期間】:2018年09月15日 10時00分〜2018年12月27日 17時00分
【参加費用】:一般1,200円、高・大学生800円、小・中学生無料 ※障がい者手帳をお持ちの方無料、介護の方1名まで600円 ※70歳以上の方、20名様以上の団体 各100円割引
【開催場所】:平山郁夫シルクロード美術館

日中平和友好条約40周年を記念して、中国の霊峰、黄山を描いた大作《神峰黄山雲海図》(全長約7m)をはじめとする平山郁夫が描く中国の風景や人々の絵やスケッチをご紹介します。また、平山夫妻が収集した中国の美術品(鼻煙壺、虫籠、虫管、宮廷人の衣装など)もあわせて展示しております。 ...
【詳細ページ】
 

【生物多様性センター】 企画展「旅する生きもの」

【イベント期間】:2018年09月08日 09時00分〜2019年03月29日 17時00分
【参加費用】:無料
【開催場所】:環境省自然環境局生物多様性センター

「渡り」をする鳥や、何世代もかけて移動する昆虫、風や動物を利用して移動する植物の種など、様々な「旅する生きもの」について紹介します。 ゼニガタアザラシやオオワシなど、普段はなかなか見ることができない標本も登場します!ぜひご来館ください! ※更新情報 12月10日(月)より、展示が冬バージョンに変わります。新たに絶滅危惧種のクロツラヘラサギやウミスズメも特別公開!来年3月までの期間限定ですので、ぜひ、この機会にご来館ください。 土日祝日及び年末年始(12月29日~1月3日)は閉館します。 「旅する生きもの」開催について:http://www.biodic.go.jp/event/2018/kikaku_tabi2.pdf ...
【詳細ページ】
 
[1]
Ads by Google
クリスタル・ミュージアム
おすすめサイト