イベントをカテゴリから探す:産業

[1]

【印傳博物館】 印傳博物館収蔵品展2022ー古典作ー

【イベント期間】:2022年09月17日 10時00分〜2022年11月27日 17時00分
【参加費用】:入館料大人¥200小・中学生¥100
【開催場所】:印傳博物館

皮革の利用は原始時代にまで遡ると考えられています。鹿革は線維の組織構造が細かい為、柔らかで滑らかな肌触りが感じられると共に丈夫であるという特性があり、様々な品が創られてきました。 当館収蔵の資料では合切袋などの袋物や巾着などの提物・莨入・財布・服飾・武具・蹴鞠などがあり、形状や模様は時代や好み、服飾の変遷などによって多様化しました。 鹿革の主な装飾方法は染料による染め、藁などの煙による燻、撥水性を目的として表面に塗られた漆塗り、型紙を用いて模様を付ける漆付け、多彩な色彩を用いる更紗等の技法があります。印傳博物館はこれらの伝統技法による作品を保管し、常時陳列している唯一の博物館です。日本人が得意とする細やかな手仕事と発想力は装飾の技術にも反映され、鹿革工芸品においての進化と発達に大きな影響...
【詳細ページ】
 
[1]
Ads by Google
小淵沢絵本美術館
おすすめサイト